SFAにより営業情報を共有化できる

会社には複数の社員がいて、部署によってはそれぞれの部員が役割を持って仕事を行っています。
連携が必要な時もあるので、それなりに情報を交換し合いながら仕事をするケースが多くなります。
では営業職はどうかですが、一応数字上の目標などはグループで共有することはあります。
しかしここがどんな活動をするかに関しては独自性が優先されやすく、必ずしも連携が行われるわけではありません。
勝手に営業活動をする社員が多かったかもしれません。
営業活動では成績による比較などもあるので、他の営業社員に負けじと独自の情報を使って活動をする人もいました。
良い情報は自分だけが使う流れがありましたが、その情報を共有できれば会社全体として営業活動が効率化するかもしれません。
SFAは営業活動の情報を共有化するのに使うことができます。
顧客情報などが共有できれば、同じ業種やグループ会社に対する営業活動が使いやすくなります。
SFAを通して連携を進めることができるでしょう。