SFAと日報記録システムの違いを知る

会社にコンピュータが導入されたころは経理部など事務的な部署で使われていました。
営業職はまだまだ手作業で仕事をしなければならず、日報作成なども手書きで作成したのでしょう。
そのうちパソコンの普及で社員が一台使える環境が整い始めます。
それまで手書きだった日報もパソコンで作成し、それを上司にメールなどで送信する仕組みが多くなっています。
上司が外出や出張などをしていても、メールであればすぐに返事がもらえたりするメリットがあります。
営業活動を支援するシステムとして日報記録システムがありますが、同じように支援してくれるシステムにSFAがあります。
SFAにも日報を記録する機能が搭載されていたりしますが違いはどこにあるかです。
日報記録システムは、電子的に記録したりネットワーク上でやり取りするのをメインにしています。
人が使わないとうまく機能しません。
SFAは記録した情報を元に行動に影響を与えてくれます。
日報情報を元に次にどんなアプローチをすべきかなどを教えてくれます。