SFAにデータを蓄積して将来の活動に活かす

営業成績を上げるにはいかに経験を蓄積するかが大事とされていました。
ベテラン社員と新人社員で差がつくのは経験の差とも言われ、新人社員は失敗してもいいからとどんどん経験するように言われます。
しかしあまり失敗が続くとめげてしまう社員もいますし、無駄に失敗を続けるのも会社にとって得にはなりません。
そこで導入を考えるのがSFAです。
SFAでは営業データを蓄積する機能があり、過去の活動情報を蓄積して将来の活動に活かせるようになっています。
営業活動をしていると成功と失敗がそれなりにあります。
そのデータを蓄積すると成功するときのパターンと失敗するときのパターンが見えてくるかもしれません。
性交するときのパターンをどんどん取り入れ、失敗するときのパターンをできるだけ排除すればより成功につながる営業ができるようになるでしょう。
個人の情報として蓄積して自分で使ってもいいでしょうし、会社全体で蓄積して会社として使うこともできそうです。