SFAによって営業活動を可視化する

営業の仕事は顧客に対して売り込みをすることかもしれません。
ルートセールスのように御用聞き的な仕事もありますが、新規の顧客獲得のように契約までに時間がかかるものもあります。
売上単価によっても違い、金額が小さければ比較的楽に契約が取れても金額が大きいと時間がかかったりします。
営業活動では一つの顧客に計画的に行う必要があり、一人の営業がいくつもの案件を抱えながら活動をするケースが多くなりそうです。
いかに計画を立てながら営業を行うかはそれぞれの営業担当者のノウハウになるでしょうが、それを支援してくれる仕組みとしてSFAがあります。
SFAには営業活動を登録する仕組みがあり、いま進めている案件を登録しておくとそれぞれの進捗状況が可視化できます。
これによって頭で考えるよりもスムーズに営業活動ができるようになります。
上司などがいるときには上司もその情報がチェックでき、必要に応じてアドバイスがしやすくなっています。