営業担当者の負担軽減を考慮したSFAの導入

SFA(営業支援システム)の導入にあたって、最も大切なことは、営業担当者の入力負担がいかに軽くて済むかということです。
いくら高機能なシステムを利用していても、分析対象となる営業活動に関するデータが正確なものでなければ、意味を成しません。
よくある失敗例が、営業担当者にとって日々の営業活動の入力作業の負担が大き過ぎたがために、形骸化してしまうということです。
管理職の立場としては、営業成績の向上に繋がる詳細なデータが欲しいと思うところですが、それらを蓄積していくのは現場の営業担当者であることを認識しましょう。
特に、営業担当者は帰社してからの限られた時間で行わなければならない業務が増えることを嫌います。
そのため、タブレットやスマートフォンからも利用できるSFAサービスであれば、外出先からでも営業活動の隙間時間を使って更新できるので、営業担当者の抵抗感が薄れます。
このように、SFAサービスを選択する際には、営業現場からも理解と協力を得られるものにすることが必要です。

天然素材の洗剤を使用しているためお子様のいる家庭でも安心!
人体に無害な洗剤のため、お子様のいる家庭でも安心して掃除をおまかせできます。

カシマ

電線買取

グリース潤滑

経営コンサルタント 大阪
しっかりとした経営計画で成功に導きます

最新記事